2011年第66回 山口国体 愛媛県選手選考基準(少年種目)の変更について

平成23年5月20日

2011年    第66回 山口国体 愛媛県選手選考基準(少年種目)の変更について

愛媛県セーリング連盟 強化委員会
木村浩介

(1)    少年男子セーリングスピリッツ級
〃   シーホッパー級スモールリグ
少年女子セーリングスピリッツ級
〃   シーホッパー級スモールリグ

上記4種目について下記日程において選考レースを行うよう変更する。
※日程、場所は予定(正式決定はレース公示を参照のこと。)

選考レース開催日    平成23年6月12日(日)    (松山市堀江海岸沖)

最大5レース行う。

少年男子、少年女子のセーリングスピリッツ級は、
参加艇数により、470級にて予選を行う場合もある。

(2)    成立したレースが5レース未満の場合、シリーズの得点はすべてのレースの合計得点とする。
カットレースは5レース以上成立した場合1レース。
最も得点の上位チーム又は個人を国体選手として選出する。
2チーム(又は2個人)以上の得点合計がタイになった場合には、最もよい得点から最も悪い
得点の順に並べて、最初に違いのある得点の上位チーム(又は個人)を国体選手として選出する。
それでも、最終的にタイを解くことができなかった場合には、実施された最後のレースにおいて
得点が上位のチーム(又は個人)を国体選手として選出する。

(3)    選手決定においては、レース結果をもとに愛媛県セーリング連盟理事会において、
協議、決定するものとする。

第66回 山口国体 愛媛県選手選考基準(少年種目)の変更について