2017 愛顔つなぐえひめ国体 セーリング競技 愛媛県 成年選手選考について

2017 愛顔つなぐえひめ国体 セーリング競技

愛媛県 成年選手選考について
2017年3月1日

愛媛県セーリング連盟 理事長
黒川 重男

強化委員会 委員長
国体 成年監督
木村 浩介

1    えひめ国体においての目標

自県で開催される「えひめ国体セーリング競技」において、競技別天皇杯、皇后杯優勝を目指しており、成年種目 6種目においては【全種目入賞】を目標として、強化にあたる。

目標達成の為の選手選考を、強化委員会において、慎重に行う。

2    強化指定選手について

愛媛県セーリング連盟において、過去の成績、目標達成の可能性等を吟味し、下記の選手を強化指定選手とする。

成年男子    470級            今村 亮、大嶋 龍介 組
レーザー級            渡部 雄貴
国体ウィンドサーフィン級            工藤 輝

成年女子    セーリングスピリッツ級            仲山 好、仲山 景 組
レーザーラジアル級            梶本 和歌子
国体ウィンドサーフィン級            小嶺 恵美

3    各種目選手選考 参考レースについて

①    今年度県内においての選考レースは行わない。
(入賞目標達成の為、多数艇のレースでの成績を参考にする)

②    各種目別の選手選考参考レースは下記の通りとする。

成年男子    470級            ①西日本ヨットウィーク ②関西ポイントレース
レーザー級            ①レーザー関東選手権
国体ウィンドサーフィン級            ①湘南選手権 ②ドリームカップ

成年女子    セーリングスピリッツ級            ①西日本ヨットウィーク ②関西ポイントレース
レーザーラジアル級            ①レーザー関東選手権
国体ウィンドサーフィン級            ①湘南選手権 ②ドリームカップ

※ 但し、セーリングスピリッツ級については470級にてレースを行う。

③    選手選考については、少なくとも7月初旬までに行い、国体までの約3か月の期間は、強化委員会の指定する県内強化合宿、及び県外大会に出場する事を条件とする。

国体選手選考(成年種目)